鋼索線のケーブルカーと石清水八幡宮

鋼索線.bmp鋼索線(こうさくせん)は京阪電車の電車路線ではなくケーブルカーです。京都府八幡市にある京阪本線の八幡駅から男山山上駅までを結んでいます。通称は男山ケーブルカーと呼ばれています。ケーブルカーの距離としては0.4kmで、男山山上にある石清水八幡宮への足となっていまして、初詣で賑わう1月に年間利用客の半分となっています。

普段は時速8km程度で運行されていますが、お正月の利用客の多い時には時速12.6kmでの運行になり、大晦日から新年にかけては終夜運行になっています。

男山山上駅は無人駅になっていまして、上り下り共に切符は京阪本線の八幡市駅で購入する必要があります。鋼索線のケーブルカーは大正15年(1926年)に運行が開始されましたが、戦争のために昭和19年(1944年)に一度廃止されています。その後、昭和30年(1955年)に運行が再開されたのです。



石清水八幡宮.bmp石清水八幡宮は宇佐神宮などとともに日本三大八幡宮に数えられる由緒ある神社です。石清水八幡宮の本社は伊勢神宮に次ぐ国家第二の宗廟とされています。

860年に清和天皇の命によって社殿を建立。京都の北東にある比叡山延暦寺と対峙して京都の南西の裏鬼門を守護する王城守護の神、王権・水運の神として皇室・朝廷より篤い信仰を受け、天皇・上皇・法皇などの行幸啓は250余を数える。

また、源氏をはじめ、足利氏・徳川氏・今川氏・武田氏など、多くの清和源氏が氏神として信仰したことから武神・弓矢の神・必勝の神として崇敬された。

パナソニックの創業者でもあり「経営の神様」とも称された松下幸之助が深く信仰したほか、厄除開運、必勝、商売繁盛、家内安全などの御利益を願って全国から参拝者が足を運びます。石清水八幡宮境内の隣には発明王エジソンの記念碑が昭和9年に建立されています。

石清水八幡宮の年間行事です。
1月 初詣
2月 節分行事「鬼やらい神事」「湯立神事」 
4月 男山桜まつり
5月 春季献茶祭
6月 水無月大祓(夏越大祓)
7月 やわた提灯夏まつり 
    やわた太鼓まつり
9月 勅祭 石清水祭
10月 七五三詣
    エジソン祭
11月 新嘗祭
12月 年越 大祓


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。