京阪本線 中書島でのんびりと散策を

京阪電車の時刻表です。京阪電車で中書島(ちゅうしょじま)へ出かけてみました。京阪電車淀屋橋駅から京阪本線特急出町柳ゆきに乗りますと、38分で中書島駅に到着します。料金は大人が380円で子供が190円になっています。

水上交通の要所であった中書島で、現在は京阪本線と宇治線の接続駅です。

この辺りは古くから京都と大阪を結ぶ交通の要所で、特に川を利用した水上交通が発達しました。駅の南西にある伏見港公園には、ありし日の伏見港をイメージした港があり、市民の憩いの場となっています。近くには坂本龍馬の定宿で有名な寺田屋や酒蔵などがあります。

京都伏見 水の町、酒蔵の町めぐり 「十石舟」運航  かつて水運でにぎわった伏見。宇治川派流と濠川沿いは、水辺が美しい散策路となっています。

十石舟は、月桂冠大倉記念館南側の乗船場から三栖閘門までを往復します。三栖閘門では資料館や伏見みなと広場などが見学できます。 運行期間は11月30日(月)までで、10時〜11時20分・13時〜16時20分出港(約20分間隔)となっています。 料金は大人は1,000円で小学生以下は500円です。京都伏見 水の町、酒蔵の町めぐり 「十石舟」の乗船場は、中書島駅下車 北東へ徒歩約5分のところにあります。

京都市伏見区東柳町51にある長建寺(ちょうけんじ)は、京都で唯一ご本尊が辨戝天というめずらしいお寺で、「中書島の弁天さん」として親しまれています。開運厄除や財運に霊験あらたかといわれています。京阪電車中書島駅から北東へ徒歩約5分のところにあり、9時〜16時(閉門)、ただし夏季は16時30分閉門。料金は境内無料となっています。

京都市伏見区東浜南町694−7にはPeter Corn(ぴーたーこー)というお店があります。 スペイン料理をはじめ、イタリアやドイツ、ギリシャなど、ヨーロッパ諸国の料理が味わえます。料理と一緒に楽しむアルコールも、各国のビールにワイン、リキュールなど、日本ではとても珍しい銘柄が数多くそろっています。 中書島駅からは徒歩約5分。営業時間は17時30分〜翌1時30分 で、日曜は〜23時30分。定休日は月曜になっています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。