京阪電車宇治線の観月橋駅まで出かけてみました。

京阪電車宇治線の観月橋に出かけてみませんか。

京阪電車淀屋橋駅からは京阪本線の特急出町柳ゆきに乗ります。38分で中書島駅に到着です。ここから宇治線に乗り換えて観月橋駅に向かう京阪電車宇治線の普通宇治ゆきに乗りますと2分で観月橋駅に到着します。乗り換えに要する時間にもよりますが、淀屋橋駅からは42分程度でしょうね。料金は大人が390円で子供が200円です。

橋から眺める月が美しかった観月橋
駅名は、観月橋駅のすぐ南側を流れる宇治川に架かる観月橋にちなんでいます。
1596(文禄5)年に架けられ、当時は木津川・宇治川・桂川の三川が合流して淀川となって流れ出ていたところで、橋から眺める月があまりにも美しかったので、「月見橋」と呼ばれるようになり、いつの間にか観月橋と呼ばれるようになりました。

現在の橋は1936(昭和11)に完成した鉄筋コンクリート製で、交通量の増加に伴い、1975(昭和50)年に車両専用の高架橋が架けられました。

観月橋をわたった観月橋南詰めの方には住宅地があり、また近くには駅があまりないためか利用客は多い。しかし駐輪場が宇治川の南側にしかないため、観月橋駅利用者による観月橋の上や外環状線の歩道に違法駐輪であふれかえったことが有り、観月橋の歩道部分の車道側に大型プランターを並べて歩道を狭くして、橋上に違法駐輪すると歩行者の通行に妨げになるようにする。地元ボランティアによる駐輪場への誘導を行っている。

また、北側や西側から観月橋駅を利用する場合、国道24号線や外環状線を跨がないと近付けない為、観月橋駅直ぐ北側に設置してある歩道橋を利用する事が推奨される。 それに駅西側の踏み切りは開いている間は常に車の往来が激しく、また踏み切りが閉じかけているにも拘らず、強引に通過して行く車や踏み切り信号をも無視して行く車が大変多い為、非常に危険な事情が存在する。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。