大浴場もゆったりして気持ち良かった!さと茂旅館

京都府 京都駅周辺 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
京都駅周辺 楽天トラベル格安宿泊ランキング



さと茂旅館
さと茂からさぁ始めよう、京の旅
京の表玄関、京都駅ビル前。観光・ビジネスに最適。創業明治5年、お客様の身になってをモットーにおもてなしをする老舗のお宿。季節ごとに創意工夫を凝らした京懐石をお楽しみ下さい。
京都駅前徒歩3分。「さと茂」なら荷物を預けて、身軽に奈良へ宇治へ市内へ思いのまま。
京都府京都市下京区木津屋橋通室町西入東塩小路町579

懐石(かいせき)とは、本来茶の湯において茶会の際、会の主催者である亭主が来客をもてなす料理をいい、禅寺の古い習慣である懐石にその名を由来する。懐石料理とも呼ばれる。懐石を弁当にしたものを点心という。

現代では茶道においても共通する客をもてなす本来の懐石の意味が廃れ、茶会の席上で空腹のまま刺激の強い茶を飲むことを避け、茶をおいしく味わう上で差し支えのない程度の軽食や類似の和食コース料理を指すといった実利的な意味に変化している。

懐石料理は茶会以外の場、例えば料亭や割烹などの日本食を扱う料理店をはじめとして様々な飲食店で提供される饗応料理である会席料理と同じ「カイセキ」の発音の混同を防ぐため、茶事を目的とする本来の懐石を特に「茶懐石」と表わして区別することもある。

この一因には、料理店で提供される際に、会席料理を持ち出す順序、提供される順序などが「茶懐石」と若干異なることにある。たとえば茶懐石ではじめに提供される飯と味噌汁は料理屋の会席では省略され、先に八寸が提供されることが多い。

また一人一人に料理が盛って持ち出され、茶席におけるように、取り回し時に特別の作法を言われぬことなど、総じて料理屋で食べる会席料理は打ち解けたものであることが多い。また料理店によっては料理のみを提供し、料理の後に薄茶の提供がないこともままある。

加えて、懐石料理は本来量が少なかったことから、量の少ないコース料理全般を懐石と呼ぶ傾向があり洋風懐石や欧風懐石といった名称の料理が存在する。

お客様の声
従業員の方達の対応がとっても良かったです。
子供連れだったのですが、子供にも優しく話しかけて下さったので嬉しそうでした。
チェックアウト後も荷物を預かってくれたので観光するとき助かりました!大浴場もゆったりして気持ち良かった。


⇒さと茂旅館の宿泊プラン


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。