京阪電車なにわ橋駅と大阪天満宮

京阪電車で一番最近に出来た中之島線に乗ってなにわ橋駅まで出かけてみました。京阪電車中之島線に乗るために京阪電車天満橋駅にまず行きます。

京阪電車天満橋駅からは京阪電車中之島線の区間急行中之島駅行きに乗りますと、約2分でなにわ橋駅に到着です。料金は大人が150円で子供が80円でした。

京阪電車なにわ橋駅の地上出入口は安藤忠雄氏のデザイン
2008(平成20)年10月19日に開業しました。ホーム壁面には、中央公会堂をイメージした「レンガ調」の素材が使用されています。

出入口は中央公会堂と対峙し、建築家の安藤忠雄氏が設計しました。コンコースには、様々なイベントが開催される「アートエリアB1」、周辺には大阪市立東洋陶磁美術館や大阪府立中之島図書館などがあり、文化・芸術のムードがあふれています。

大阪天満宮は、学問の神さま・菅原道真公がまつられていて、受験シーズンには多くの学生が合格祈願に訪れます。毎年7月24日・25日に、日本三大祭のひとつである「天神祭」が行われます。梅の名所としても有名で、毎年2月は盆梅展が開催されます。樹齢200年を越す盆梅をはじめ、古木50鉢以上が展示されます。

901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年に大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである。

京阪電車大江橋駅と日本銀行大阪支店

京阪電車で一番最近に出来た中之島線に乗って大江橋駅まで出かけてみました。京阪電車中之島線に乗るために京阪電車天満橋駅にまず行きます。

京阪電車天満橋駅からは京阪電車中之島線の区間急行中之島駅行きに乗りますと、約4分で大江橋駅に到着です。料金は大人が150円で子供が80円でした。

大江橋駅は開放感いっぱいのコンコースになっています。
2008(平成20)年10月19日に開業しました。ホーム壁面には、中之島の現代を代表する素材である「石」が使用されています。辰野金吾氏が設計し、近代建築物としても名高い日本銀行大阪支店に隣接しています。北新地エリアも近くです。

日本銀行大阪支店は、1903(明治36)年に建設されました。石造りの3階建てで、美しい青緑の屋根が特徴です。設計者は辰野金吾で、東京駅の設計でも知られています。中には資料展示コーナーなどがあって、事前に申し込みをすれば見学することができます。

辰野 金吾 (たつの きんご、1854年10月13日(嘉永7年8月22日) - 1919年3月25日) は明治・大正期の建築家である。工部大学校(のちの帝国大学工科大学、現在の東京大学工学部)卒業。工学博士、帝国大学工科大学学長、建築学会会長。

設計の頑丈さから「辰野堅固」と呼ばれた。帝国大学では後進の指導にも励み、伊東忠太、長野宇平治、武田五一、中條精一郎、塚本靖、野口孫市、大沢三之助、関野貞らの人材を輩出した。

東大仏文科で小林秀雄、三好達治らを育てたフランス文学者、辰野隆は息子である。

京阪電車渡辺橋駅と国立国際美術館

京阪電車で一番最近に出来た中之島線に乗って渡辺橋駅まで出かけてみました。京阪電車中之島線に乗るために京阪電車天満橋駅にまず行きます。

京阪電車天満橋駅からは京阪電車中之島線の区間急行中之島駅行きに乗りますと、約5分で到着です。料金は大人が210円で子供が110円でした。

他社線との乗り換えなど利便性も高い渡辺橋駅です。
2008(平成20)年10月19日に開業しました。ホーム壁面には、中之島の未来をイメージさせる「金属材」が使用されています。地下鉄四つ橋線・肥後橋駅と地下通路で結ばれているほかJR北新地駅も近く、他社線との乗り換えが非常に便利です。周辺には、国立国際美術館や大阪市立科学館などがあります。

国立国際美術館は2004(平成16)年、万博公園から中之島に新築・移転されました。世界でも珍しい完全地下型の美術館です。建物は、竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージした外観になっています。現代美術を中心に国内外の作品を幅広く展示しています。

国立国際美術館(こくりつこくさいびじゅつかん、The National Museum of Art, Osaka)は、大阪市北区中之島にある、独立行政法人国立美術館が管轄する美術館である。収蔵品は第二次世界大戦以後の国内外の現代美術が中心だが、現代美術以外の企画展なども開催している。

2006年の年間入館者数は約179万人で、国立の博物館・美術館で最多。

設計者は建築家シーザー・ペリ。大阪市立科学館に隣接する敷地に、美術館としての機能を果たす主要部分を全て地下に収めたユニークな建物で、エントランス・講堂、レストラン、ミュージアムショップなどは地下1階に、展示室及び収蔵庫は地下2・3階にある。展示室のうち、企画展示(現代美術に限らず、新聞社主催の様々な展覧会が開催される)は地下3階で、常設展示(および、現代美術の若手など重要な作家を紹介する企画展シリーズ)は地下2階で行われている。


京阪電車中之島駅と大阪国際会議場

京阪電車で一番最近に出来た中之島線に乗って中之島駅まで出かけてみました。京阪電車中之島線に乗るために京阪電車天満橋駅にまず行きます。

京阪電車天満橋駅からは京阪電車中之島線の区間急行中之島駅行きに乗りますと、約8分で到着です。料金は大人が260円で子供が130円でした。

中之島線の中之島駅は、2008(平成20)年10月19日に開業した中之島線のターミナル駅です。ホーム壁面には、中之島線全体の象徴である「木」を使用しています。周辺には、イベントや展示会、ライブなどにも使用されている大阪国際会議場や70年以上の歴史を持つ大阪を代表するリーガロイヤルホテルなどがあります。

大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
大阪国際会議場(グランキューブ大阪)は、 2000(平成12)年4月にオープンしました。高さは約104メートルあり、設計は、建築家の黒川紀章氏です。8カ国同時通訳や大型映像、最新の音響・照明の設備を持ち、会議だけでなく、音楽コンサートや展示会など様々なイベントも開催されています。また、リーガロイヤルホテル直営のレストランや喫茶もあります。

設計は黒川紀章によるもので、地上13階、地下3階の鉄骨造である。建物の高さは104.51mある。メインホールは最大2,754人の収容が可能で、その他会議室やイベントホールが設けられている。なお、隣のリーガロイヤルホテルとは1階の連絡通路で繋がっており、機能補完が可能である。

2000年に日本で開催されるG8サミット(主要国首脳会議)誘致のために、大阪国際貿易センターの跡地に大阪府が建設し、2000年4月に開業した。結果的にサミットは沖縄県で開催される事になったが、2001年に世界観光機関(WTO)総会、2002年の世界水フォーラム、2004年の国際ロータリー大会、2008年6月のサミット財務相会議などの国際会議の会場となった。他にもコンサート、展示会などが開かれている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。